下の音楽を聴きながら。

音楽を聴きながら写真をクリックしてお楽しみください。

2017年8月20日日曜日

タカオの花、何となくこの歌と合うように思いませんか。

 八ヶ岳高原は何となく秋の気配ですが。
何故だろう、夏は黄色い花が多い。写真の花・・・「タカオ」というが、何となく日本の花のような。高原にはこれと似た外来種のオオハンゴウソウが咲き乱れている。この駆除は大変。宿根草で根が深くくじょは中々進みません。写真の花はまた異なり大人しい花である。小さい小ぶりの花びらが何となくこの歌と相性がいいように感じる。

 フィソステギアのピンクの花と共に庭に広がる。姫ひまわりとも違い、可愛い花姿が美しい。この花が終わりかけると本格的な秋に入る。花の街道も来年の準備に多忙な日々を送っている。今の高原は花より団子・・野菜が美味の季節である。







2017年8月14日月曜日

八ヶ岳街道・夜に雨朝と夕方の雨上がりが美しくも

エリゲロンは秋色を創り出す
 このところ高原は雨模様・・・・
と言っても昼は晴れ、夕方から夜に雨・・・です。そのため朝霧が多く、幻想的でもあります。木々の緑は濡れ、鮮やかさが一段と映え、白樺が霧の中に浮かぶ景色は時間に追われ、日々の生活に追われた疲れた人々をそっと癒してくれます。お盆はまさに癒しの時でもあるように、人々が故郷へ日ごろのストレスを置いてくる時でもあるようです。八ヶ岳街道のガーデンに咲く花々も朝靄の中で、心を解きほぐしてくれることでしょう。









雨に濡れる落ち葉は少し秋色


シダも濡れ輝く

汗も心地よい


夕方まで緑に包まれて草取り。足下の姫ひまわりが夏の色合い。

2017年8月10日木曜日

八ヶ岳自然文化園も秋の気配が

 このころになると・・・
秋の気配が忍び寄り出す。が蒸し暑い昨日、今日である。写真は昨年の11日であるが、今年は山百合が咲き出す。あと数日もすれば秋の色がハッキリと見えだし、花仕事やガーデナーは来年に向けて忙しく働く。八ヶ岳高原では春は1か月遅く、秋は1か月早い花の準備がいる。花街道も来年に向けて忙しくなるであろう。八ヶ岳自然文化園の秋はもう始まり出した。