下の音楽を聴きながら。

音楽を聴きながら写真をクリックしてお楽しみください。

2017年7月21日金曜日

そよ風の中で・・八ケ岳麓も夏日

 春の花たちは・・・来年に向けて種になり。
高原の夏は訪れると早い。麓で育てられた花たちはシードとなり来年の準備に入っていきます。高原のあちらこちらの庭も夏の花へ移り、種を残すための花も零れるころになります。すると高原の夏はもう真っ盛り、麓の景色も季節の変化を告げています。
 春の花やかなガーデンや花栽培農家ははや来春に向けて準備をするのです。そして、高原ではそよ風を楽しんで、直ぐにやってくる秋の気配までの短い夏の風景に人々は浸るのです。

 虫たちも脱皮し、季節に参加します。




 連日、春の花と草取りに追われます。

2017年7月15日土曜日

雨あがり空が抜けて・・・

 梅雨明けか・・・
今朝は空気が澄んで空がぬけるようであった。八ケ岳の稜線から伸びる雲が天高く抜け、見る人々を大空の中に導く錯覚すら覚えさせる。この高原はいつも空の美しさに向けるカメラも上を向く。こんな空の下ではあぜ道に寝転んで空をじっと見ていたくなる。この青空の下で働く人々の健康なこと。少なくとも目が澄んでいるように思えてくる。
花はもう春から夏の花に変わり、野原も濃い緑に包まれてきた。今朝の八ケ岳高原より。






 雨も止み梅雨明けのような・・・庭の花も夏へ。




2017年7月14日金曜日

花も春から夏への移り変わり・・・・初夏の花散策へ

高原の花も夏へ向けて・・・
八ケ岳麓の路地に咲く花も夏の花へと変わり、白い色から黄色い花の色に変わり始めた。ガーデンも種を取りたいものを残して、枯れた色した花は刈り取られ、枯葉と生い茂る草とりに追われるガーデナーの姿が見られる。麓の夏のイベントも花に因んだものから星や自然との交わり、夏休みを意識した子ども向けふえてきた。7月も半ば、梅雨明けも近い。そろそろ夏のプランが動き出す。八ケ岳麓の心地よい風につつまれた企画、自然との交流、体験など梅雨明けの楽しみがお勧めである。


 原村田園から諏訪湖方面を望む。

原村のセロリー畑。



2017年7月8日土曜日

八ヶ岳麓の花生産者の町・・

 富士見町の農道で見つけた・・・
農家の方も畑や田んぼの畔にいろいろな花が植えられている。また、標高差を利用した花生産者のハウスも多数ある。富士見町の「花の大和」さんのハウス側の花園を訪問。春から夏へと移りゆく花が咲き誇っていた。一つ一つが大きな株になり、高原の風と太陽で見事な花の園である。









2017年7月3日月曜日

花が蝶を呼び、蝶たちが人々を・・・

 ガーデンも昆虫たちで華やぐ・・
八ヶ岳街道界隈は沢山の美しい昆虫たちも生活しています。ガーデンも美しくすると蝶たちも遊びにやってきてくれます。ミツバチはマツムシソウが一杯茂っていると耳元で羽音が大きく聞こえます。蝶はその間を静かに優雅に飛んで、訪れる人を楽しませてくれます。クロアゲハも花から花へ飛び交い、蜜を求めます。
 街道も初夏に入り、緑も濃くなるとともに沢山の昆虫たちが飛び交います。それとともに、鳥も冬に置いていた家々の餌箱から離れ、森の中に移っていきます。目の前の蝶をえで追っていると何となく木漏れ日の生活が更にゆたかになってくるようです。
 八ヶ岳花街道も春の花から夏の花苗に変わり、時間が早くなり来春の花の育成に力が注がれていくようです。季節の変化を是非肌で感じてみてください。