下の音楽を聴きながら。

音楽を聴きながら写真をクリックしてお楽しみください。

2017年4月29日土曜日

高原も開花・・・

サクラが高原にも・・・・・・・・・・・
ようやくやって来た。標高1300mにも桜が開花しだし、新芽の緑が少しづつ膨らみ始めた。ゴールデンウイークには満開になるであろう。これから、日一日と緑が膨らみはじめ新芽の色と周りの花色が青空の下で輝く時期になる。それとともに人々は晴天とともに動き出し、春を楽しむ。八ヶ岳の麓は花と共に田んぼに水が入り、田植えの準備になる。するとその水面に南アルプス、八ケ岳が映し出され新しい風景を訪れる人に見せる。何気なく過行く景色を、少し意識してみてみよう。












2017年4月24日月曜日

八ケ岳「花くるりん」花直販生産者7軒ではじまる。八ヶ岳自然文化園の水芭蕉とともに・訪れては

●八ケ岳の麓の花直販生産者で7軒で造られたグループ・・・「花くるりん」がスタート
花くるりんの仲間7軒。Flower HEARTS八ケ岳、中山園、五十嵐ナーセリー、
           八ヶ岳花の小道、ファーム小尾、花遊び、日野春ハーブガーデン
●4月29日から6月30日までスタンプラリーが。1000円以上/軒、買い上げ、4軒のスタンプ集めると次回500円の買い物券として使える。
●4月29日(土)から5月14日(日)の間は特別SALE,15%OFFです。

●八ケ岳自然文化園の今は・・・原村の文化園では水芭蕉、カタクリの花が咲きはじめました。規模は広大ではありませんが、白樺林の中の静かな野草園と湿原をのんびり花を探しながら散策も落ち着いていいですよ。小淵沢、長坂周辺の花くるりんで苗を買って、原村の自然の中を散策してはいかがでしょう。       

カタクリの花と水芭蕉

 コブシも咲き出した。5月の連休のころ、もしかしたら標高の高い処のサクラが咲、新緑の下の散策が楽しい。
カタクリ

2017年4月21日金曜日

いろいろな花が咲はじめた高原・・

八ケ岳高原一帯も花が開きはじめ
サクラが標高1000m辺りまで開きはじめ、コブシも開花と華やかな春がそこにきた。オープンガーデンの庭にも水仙やムスカリ・・・と庭の色をコーディネーションしつつある。富士見高原ペンションや原村ペンションビレッジのオープンガーデンも少しずつ花が見られだした。三分の一湧水では22日花栽培農家の直販店が春を一段と楽しませるように開催される。                                    



森のCradleの庭にて



2017年4月12日水曜日

荒れた昨日、今朝は晴天・・春へ加速するか

 昨日は大荒れ・・・珍しいく標高1000メータ当たりは重いボタン雪、ここ標高1300メータは雨と気温が逆転したようである。今朝は雨で現れた緑が美しく茂りだし、春が加速された心地である。フクジュソウも花はなくなり、サクラソウの仲間がつぼみを開きはじめた。ムスカリの仲間、名前は??であるがつい先日芽が出始めたと思うと早花が開きはじめる。ここでは春が一斉にやってくる。八ヶ岳標高1000メータ辺りはこれからいろいろな春の花が一斉に咲く頃となる。
 神代桜も開花した模様、高遠のさくらもいよいよ見ごろの模様とか。青い空、残雪のアルプスを桜の向こうに臨みながら、春の新芽が白樺に映える季節がそこに来た。サクラ、もも、アンズ、足もとでは水仙・・・球根や宿根草の花を眺めながらの旅に出ようか。


富士見と原村の境から富士山と南アルプス、左を向けば八ヶ岳

甲斐駒ケ岳が春霞の中で

八ケ岳の麓の新緑はもう少し

2017年4月7日金曜日

標高1300meterも新芽が急に伸長・・・


雪はまだ残るも・・・
4月に入って2回も雪が降る。しかし、今週は急に暖かく気温も10度近い、太陽の下ではさらに高くなり、急ぎ残る落ち葉などを手で取り除く。今日は雨、落ち葉などで土汚れした新芽もここ1週間ほどで急に成長し、3月下旬でも芽が見えなかった水仙も早くもつぼみを見せ始めた。ここでは紫外線のせいか春はいっせいにやってくる感じである。クロッカスも随時咲き、まだ枯葉色が残るガーデンで春を教えてくれる。標高の高い高原は日に日に新緑が動き、見る見るうちにこずえが色づき美しい景観を作り出す。八ヶ岳も爽やかな春の日差しと織りなす花々がもうそこに来ている。
 里の花もが終わった頃、新緑と高原の桜と花・・・八ケ岳高原の季節である。

 庭も日々緑に包まれる。枯葉はあまり遅くなると取り除く時チューリップや水仙・・・など新芽を痛めることが多い。昨日はもう手と竹箒でそっと取り除く。



2017年4月4日火曜日

冬と春の間・・雪桜も花

雪桜が街路を染める。束の間の花見。
 今朝の街路は木々に着雪した雪で都会では見られない雪桜。高原の春と冬の間のサクラです。八ケ岳麓では春の桜は5月、山桜などが新緑とともに咲き、庭の花と共に美しい自然の変化を見せてくれます。今は冬と春の間の花景色で時間とともに変わります。駆けつけても間に合わない方のために、自然の花と華を紹介します。





昨日夕方から着雪、木々は雪桜に。束の間の桜並木。

2017年4月1日土曜日

遅い大雪に花も新緑も・・4月1日なのに

タカオの花の種、春に直播して増やそうと冬放置していたものである。
サラサドウザンは芽吹いてきたが春まだ遠からじ。
積雪20センチかな。


エプリルフールではなく・・・
都会では桜の開花情報が聞かれるのにと思いつつ、大雪を眺める。今朝は10から20センチあるかもしれない雪の静寂の中で、花や木々の新芽を眺めえる。重い雪ゆえに木々の雪は落ちず、音を吸収して静寂の庭でタカオの花を見つめる。




オープンガーデンはいつかできるか。